025-768-4071

営業時間:月曜日〜土曜日
午前8:00〜12:00
午後14:00〜19:00
※受付は終了30前です

円馬を作りました。

円馬(えんば)というのは、器械体操の鞍馬(あんば)の練習をする器具です。
僕らは中学生時代、その形状から『キノコ』と呼んでいました。

円馬は、ちゃんとしたモノを購入すると13〜14万円もする代物なのですが、
地元の中学校にあった円馬(僕が中学生の頃に体操部で使っていたキノコ)を破棄するというので、
「捨てるなんてもったいない!」ともらってきました。

だいぶ年季が入っています。

僕が中学生の頃は、もっと頭の部分が盛り上がりっていたのですが、上に荷物が積まれていたせいか、ほぼぺっちゃんこになっていました。

これだと、初心者が練習するには難しく、失敗すると縁に太ももを擦ってしまうので、痛いのです。

ずっと練習していると、ズボンに穴が空くくらいです。

しかも、穴空き部分を止めてあるガムテープも劣化し、練習しているうちに手がべったべったになります。これが不快!

 

そこで、自分で修繕することにしました。

完成してみたら、思っていた以上に上手くできましたので、円馬の作り方を大公開します!
(ニーズはほぼ無いでしょうが)

 

まず、iPadで設計図を描きました。

おおよそで作り、作っていく仮定で修正していくことにしました。

 

そして材料を検討し、購入しました。

・ジョイントマット16枚(下画像クリックで商品ページへ)

・上から張るビニールレザーを1m(下画像クリックで商品ページへ)
これが安くて質感も良く、良い買い物でした!

・ビニールレザーを止めるためのビョウ(太鼓鋲)を60個(下画像クリックで商品ページへ)

 

設計図の数字通り、ジョイントマットを一枚ずつ円形にカットしていきます。

どうやって円を描くか試行錯誤した結果、厚紙を使うことにしました。

厚紙を適当な長さにカットして、支点となる部分と、描く半径の部分にガビョウで穴を開けました。

見えにくいですが、支点から30cm、29.9cm、29.7cm、29.4cm…と、穴を開けてあります。

 

 

そして支点をガビョウで止め、ボールペンで円を描きます。

 

 

 

 

 

 

大きな円をキレイに書きたい人には、この方法おすすめです。

 

そして、線にそってカッターでカットしていきます。(残った切れ端で遊ぶ次男)

カットしたジョイントマット14枚を、両面テープで貼りながら重ね、階段状になっている部分をカッターで削ぎ落とし、できるだけ丸くします。これで土台はできました。

もらってきた円馬の革と、中のクッションやワタを剥ぎとります。
そしてジョイントマットで作った土台を乗せ、さらにその上に綿花(めんか。骨折の固定具などに使うワタ)を敷きました。

 

 

その上から、ビニールレザーをびっちり引っ張りながら太鼓鋲で止め、完成です。

 

横から見ると、だいぶキノコっぽくなりました。

子どもたちも、「すげー!きれいなキノコになってるー!」と大喜び。

さっそく練習しました。

今まで何ヶ月も、1周しか回れなかった長男ですが、数日で2周半回れるようになりました。

 

手間はかかりましたが、円馬購入代(13万円)が浮き、さらに子どもたちに「自分で作れるんだ!」と感じてもらえたのも良かったです。

やればできるものですね!

 

 

ブログ一覧

アーカイブ(主要な記事一覧)へ

星名接骨院、トレーニングスタジオへのお問い合わせ
メール →電話

“円馬を作りました。” への 2 件のフィードバック

  1. 円馬、再生してくれてありがとう。
    今度は中学校の円馬で周すところを見せてもらいます。でも「中学校のだとできない」とか言うと、「どんな円馬でもできるのが体操選手!」と厳しく言ってしまうかも‥。

    1. こちらこそありがとう。大切に使います。

      2周まわれるのもたまにで、まだまだです。
      もし周れなくても「この円馬でも必ずできるよ!」と前向きな叱咤激励をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。