025-768-4071

営業時間:月曜日〜土曜日
午前8:00〜12:00
午後14:00〜19:00
※受付は終了30前です

短期間で劇的に上達する練習法とは?(2/3)

『短時間で劇的に上達する練習法とは?(1/3)』の続きです。

「テレビ画面に“丸い図形”が点滅した時に、画面脇にあるボタンを押すと餌が出る」

という装置がある部屋で、犬がそれをいかに学習するかを観察する実験です。

犬

テレビ画面ではさまざまな図形が点滅するので、「“丸い図形”の時だけボタンを押すと餌が出る」という課題は、犬にはとても難しいことです。

最初は、「たまたまボタンを押した時に、たまたま餌が出てくる」というくらいですが、その偶然が何度も重なれば、犬は学習していきます。「ボタンを押せば餌が出る」と。

すると犬は、ボタンを押し続けるようになります。しかし、餌が出るのは“丸い図形”が点滅した時だけであり、三角や四角といった図形の時にボタンを押しても餌は出ません。

それでも、何度も押しているうちに、犬は「丸い図形が点滅した時にボタンを押せば餌が出る」ということを学習していくのだそうです。

かしこいですね。

そんな犬の賢さはさておき、この実験には、もう一つの“手順”があります。

それは、順序立てて学習させるというものです。

まずは、「ボタンを押したら餌が出る」という装置だけで学習させ、それを学んだ後、
「画面で、丸い図形が点滅した時にボタンを押したら餌が出る」という装置で学習させ、その次に、
「さまざまな図形が出てくる中で、丸い図形が点滅した時にボタンを押したら餌が出る」という装置で学習させる、といった具合に。

すると、驚くほどの早さで学習するのだそうです。

これは、『スモール・ステップ法』と呼ばれるもので、やり方によっては、一度に全てを学習させるよりも約10倍!の早さで学ぶ事ができるのだそうです。

そしてこの興味深い実験には、まだ続きがあります。

上記のような装置で「図形の違い」も学習させることができるのですが、犬は、「円と楕円」や、「正方形と長方形」を見分けるのにはかなり手間取るのだそうです。

しかし、「円と楕円」をまず学習させ、一度学ぶことができると、「正方形と長方形」といった違いまでも早く身に付くのです。

それらを同時に学習させようとごちゃ混ぜに見せていても、一向に学習しませんが、一つずつ学習していくことで、その他の似ている事柄も簡単に学習できるようになるのです。

これを『学習の転移』と呼びます。

動物は、何かを学習するとき、その「何か」だけでなく、その「何かを学習する手順」も学習します。

そのため、一つを完璧に習得すれば、「何かを完璧に習得する手順」を学ぶ事ができ、その他の事柄にも応用できるというわけです。

 先の『記憶の干渉』では、「似ているものほど、干渉を起こして学習しにくい」と説明しましたが、この『学習の転移』はその逆です。
つまり、ある事柄を習得してしまえば、それに似ている事柄ほど、転移によって習得が早まるのです。

これをサッカーのフリーキック練習に例えるとこんな感じです。

一回の練習時間にストレート、カーブ、無回転の練習をすると、記憶の干渉によりどれも大して上達しない。
しかし、ひたすらストレートだけを練習して、それがかなり上達してくると、学習の転移によりカーブや無回転キックも上達が早まる。

結果的に、それら全てのキックの精度を上げるには、三種のキックを並行して練習するより、一つずつマスターしていった方が早く全てを習得できるわけです。うまくすれば数倍もの早さで。

 

さて、大分長くなりましたが、何らかの技術を身につけるために絶対的に必要なものの話をしていませんでした。

それは、フィードバックについてです。

 →『短時間で劇的に上達する練習法とは?(3/3)』

“短期間で劇的に上達する練習法とは?(2/3)” への 2 件のフィードバック

  1. 星名先生。

    またもイラストがGOODですね。こどもが喜んでいます。

    『スモールステップ』、『学習の転移』…子育てにも応用できそうですね。

    フリーキックの例え、わかりやすいです。

    「干渉」と「転移」を上手く自分なりに制御できるようになれば
    運動以外の分野にも対応するスキルなのではないでしょうか。

    ただ、それにはやはり反復の練習が必要になるので
    優れた根性が必要になるのでしょうね。

    そのあたりをしっかり理解していたのが「イチロー」選手で
    類まれなる野生の感覚で体現したのが「ミスター」というところでしょうか…(笑)。

  2. 貴雄先生>このイラスト、「ギュッ」がポイントです(笑)

    これが分かっても、同じ練習を反復するのが一番難しいんですよね。つまらないですから。

    次回の記事では、そこを少しでも根気が続くような方法(ありきたりな方法)を紹介したいと思います。

    ミスター!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。