025-768-4071

営業時間:月曜日〜土曜日
午前8:00〜12:00
午後14:00〜19:00
※受付は終了30前です

バク宙分析(3/3)〜回転力を生み出すには?〜

『バク宙分析(1/3)〜ジャンプ足編〜』
『バク宙分析(2/3)〜ジャンプ腕編〜』のつづき。

今回は回転力についてです。

ラケットやバットでのスイング、ピッチングやバレーのアタックなども、回転力が大きく関わっています。
スポーツにおいて効率の良い回転力は、そのままパフォーマンスアップに繋がるのです。

では早速動画から↓

今回のポイントは3つです。

①地面に足が着いている間に回転力を生み出す

②回転半径を「大」→「小」にする

③空中では、腕の動きによる反作用を利用する

 

まず、足が地面に着いているからこそ、回転力というのは生まれます。足が着いている間に、しっかりとした回転のきっかけを作らなければ回れません。

それが①です。

ただ、回転しようと意識しすぎて後ろへ流れてしまうと、バク宙は低くなり、バク転(後ろに回って手をつく技)のようになってしまいます。

一方で、真上にジャンプする意識ばかりでは、回転力がなくなり、頭から着地してしまいます。

真上にジャンプするようにしつつ、回転力を生み出すように腕を振り上げ、頭を後ろへ持っていく。

この「真上に飛ぶ」と「後ろへ回転する」とのバランスが、慣れないと難しいです。
(ちなみに実際は、まず後ろへ手をついて回る技『バク転』を習得し、バク転に高さを出していくような順序で練習していくほうが安全です)

 

そして、カラダを大きく伸ばした状態で回転力を生み出せれば、②の回転半径を小さくすることで(膝を抱え込むことで)、回転は加速します。

フィギュアスケートのスピンを思い出して下さい。

始めは足や手を広げてゆっくり回りますが、足や手の広がりを小さくしていくと、回転がギュイーン!と加速します。
そして手や足を広げると回転は一気に減速してピタッと決めています。

それと同じです。

 

それから③の反作用。
これもスポーツではかなり重要な要素です。

例えば、バレーのアタックで、手の回転速度を上げたいとしましょう。
手を速く打ち下ろしたいもんだから、手を意識してしまいがちです。

しかし、手を勢いよく降ろすと、バク宙の時と同様に、カラダには後ろ向きの回転力が生じてしまうのです!つまり、アタックの威力は落ちます。

そうならないよう、上半身〜腕にしっかりと前回転の力を生じさせるためには、
腰を反らせてジャンプし、腕と一緒に足を前に思い切り振るのが効果的です。

両足で思い切りボールを蹴るくらいの勢いで足を前に振れば、上半身には前向きの回転力が生じるため、結果的に手の勢いが増すのです。

この辺の理論はとても面白いので、また別のスポーツの分析をしていく中で説明していきたいと思います。

 

さてこれまで、3回に渡ってバク宙を説明してきました。

他にも色んな要素が絡んでいるのですが、長すぎるとの声もありますのでこの辺で終わりにしたいと思います。

次回は、もっと身近な競技の動きを分析してみようと思います。

 

 

※バク宙の練習は、必ず経験者の指導・補助のもと行って下さい!
練習時のケガには一切の責任をおいかねますので、予めご了承下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。