025-768-4071

営業時間:月曜日〜土曜日
午前8:00〜12:00
午後14:00〜19:00
※受付は終了30前です

投球で肘を上げて、肩関節をゼロポジションへ合わせるための体幹の使い方

前回の続きです。

前回説明した通り、投球で腕や肘を正しい位置へもっていくためには、身体の回転軌道をゼロポジションへ合わせることが重要です。

まず、身体の回転軌道について見ていきます。下のGIF画像を見てください。
右手で綱をもっていますが、右手は肩の位置に固定したまま動かさず、身体の動きだけで綱を振っています。

あまり上手くありませんが…、
綱は身体の回転軌道の遠心力によって、おおよそゼロポジションの角度に振れています。

これが、“身体の回転軌道を、セロポジションへ合わせる”ということです。

その身体の回転軌道に無理なく右腕を合わせるイメージです。そうすることで、右腕の無駄な力も抜け、遠心力も最大限に利用でき、肩や肘への負担も減らせるのです。

しかし一方で、
この身体の回転軌道がズレているのに、腕だけゼロポジションの位置へ上げようとすると、遠心力に逆らって腕を動かすことになってしまいます。
そうなると、たとえゼロポジションに右腕があるとしても、無駄なエネルギーと負担がかかってしまいます。

なのでまず!「肘が下がっているから、肘をあげろ」ではなく、身体の回転軌道から見直す必要があるのです。

今回は、その身体の回転軌道をコントロールする方法について説明していきます。

ポイントは、【体幹】と【左腕】の使い方です。下画像を見てください。

最初に体幹の動きから説明していきます。

まず②では、体幹はやや右側へ傾けながら前屈、そして右へ捻れています。
そして③で一度ほぼまっすぐまで戻り、④でやや左側へ傾きながら、再び前屈し、左へ捻れています。

この体幹の動きだけでも、ボールを投げる遠心力がしっかりと生じています。

もう一度、綱を振る体幹の動きを見てみましょう。

この動きができていれば、
綱が遠心力でゼロポジションへ向かったのと同様、右腕はゼロポジションの位置へと“勝手に”向かっていくのです。

冒頭でも書きましたが、
「肘が下がっているから、肘をあげろ」ではなく、身体の回転軌道から見直す必要があります。

右腕のコントロールの根本は、下半身と体幹からくる身体の回転軌道、遠心力なのです。ここをしっかりと理解していただきたいです。

 

そして、この体幹の動きを大きくサポートするのが左腕の動きです。

先の体幹の動きに、左腕の動きも同調させることで、身体には大きな遠心力が生じます。

それについては次回説明します。

 

→次の記事『投球で肘を上げて、肩関節をゼロポジションへ合わせるための左腕の使い方』へ(作成中。毎週土曜日更新です。)

ブログ一覧

アーカイブ(主要な記事一覧)へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。