025-768-4071

営業時間:月曜日〜土曜日
午前8:00〜12:00
午後14:00〜19:00
※受付は終了30前です

雪国の日曜日(大雪のとき)

東京の友人に、「雪かきってどんな感じなの?」と聞かれたので、ブログで紹介することにしました。

まず、毎朝6:15~7:00まで駐車場の雪かきをします。

雪が降っていればもちろんですが、降っていなくても、溜まった雪をできるだけ減らすように、毎朝やります。消せるときに消さないと、駐車場がどんどん狭くなってしまうので。

 

そして、屋根にそこそこ積もってきたら、大屋根の雪下ろしをします。(雪の重みで、家中のドアのしまりが悪くなります)

 

昨日は、その大屋根の雪下ろし。というわけで、昨日一日の雪かきを紹介します。

 

朝7:00、まずは、前日、小屋根の雪下ろしをして溜まっていた雪と、駐車場に積もった雪を、流雪溝(りゅうせつこう)に流す作業から。写っているのは父ちゃんです。

 

流雪溝というのは、文字通り”雪を流す側溝”です↓

鉄格子があるので、でかい雪の塊は入れられません。雪塊を崩しながらの作業なので、見た目より大変です。ちなみに、これはいつも水が流れているのではなく、週に二回、朝8:00〜9:45まで水が流れるきまりになっています。

 

10:00、駐車場の除雪が終了。きれいになりました↓すでにヘトヘト。

 

20分ほど、お茶休憩。

 

10:20より、今シーズン四回目の大屋根の雪下ろしです。140cmくらい積もってます↓

 

12:20、雪下ろし終了。速い!

汗ビッチャビッチャなのでシャワーを浴び、お昼ご飯を食べ、昼寝をします。

 

そして、14:10より、また雪かき。雪下ろしを終えると、家の脇がこんな感じに山になります↓

このままにしておくと、雪が降り積もって窓やストーブの排気口が全部埋まってしまうのと、次の雪下ろしの時に大変なのと、雪の処理がテキトウでみったくない(かっこわるい)という理由から、山を削ります。

もう、大分疲れがたまっていますが、実はこの作業が一番大変です。

なぜなら、上から落とした雪なので、圧縮されてカッチカチで、すんごい重いから。スコップが壊れない程度に(前回、スコップが曲がってしまった)、力強く突き刺し、なるだけ家から遠いところまで投げます。

うちの父ちゃんは、除雪機で、駐車場に落ちた雪を吹っ飛ばします↓

除雪機で取りきれない雪を、手作業(スノーダンプ)できれいにし、16:30に終了です。

笑っちゃうくらい疲れますが、いい運動と言えば、いい運動です。

この冬で、大分いい身体になりました( ・∀・)

 

“雪国の日曜日(大雪のとき)” への4件のフィードバック

  1. 信じられない重労働じゃないか・・ それ、どこの家もやってるの??年イチのイベントじゃないんだよね? 雪国すさまじすぎです。

    1. うちは駐車場がある分、他のお宅よりはたくさんやらなきゃいけないんですけど、どこの家も大体こんな感じにやってます。
      まだまだ雪がすごいので、今度の日曜日も同じメニューですww

      うちの父ちゃんは年齢に見合わずすごい体力の持ち主だし、僕もそこそこ体力がある方なので、うちは気楽な感じですが、
      高齢者とか、女性だけのお宅なんかは、除雪を市などに依頼するので、1シーズン10万円くらかかるそうです。大変!

  2. ふむふむ、いい感じに雪国の苦労を表現できてますね!!

    私も今朝、軽く一時間駐車場を除雪しました。

    それにしも立派なお宅ですね~!

    敷地が広いとそれだけ大変ですね~。

    1. 表現できてました?笑

      うちが立派に見えたのは、広角レンズのゆがみのせいですよ。笑

      駐車場をきれいに保つのって大変ですよね。
      また寒波がきてますし、まだまだ雪かきトレーニングは続きそうですね!頑張りましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。